季節は冬。お鍋の美味しい季節になりました。
お店でも自宅でも2種類の味が楽しめる鍋を囲んでお鍋料理を楽しんでいます。しかし、欲張りな私。もっと色々な味を楽しみたい!
3つ4つ…と区切りポン酢でマロニーや白菜や水菜を食べ、割り下を絡めた焼き豆腐を卵につけて食べ、豆乳から湯葉をはりわさび醤油で、チェイサーとしてウィンナーやジャガイモをチーズフォンデュで。そうだエビとマッシュルームをオリーブ油でアヒージョに。真ん中にはチョコレートフォンデュのタワー!あれ、6つになってしまいましたか笑そんな素敵なお鍋が欲しいです。…それぞれで用意したらいいのでしょうが。

私は果物が嫌いです。いちご、みかん、メロン、ブドウ、パイナップル…とにかく全ての果物、フルーツが嫌いです。果物全部食べれないんだ…と言うとだいたいアレルギーで食べることができないの?と聞かれますが違います。ただ単に果物の味、におい、食感全てが嫌いなのです。普段の生活で困ることは少ないですが、外食に出るとレストランにあるデザートはだいたい、いちごたっぷりショートケーキやブルーベリーソースをかけたチーズケーキ、オレンジソース付チョコレートケーキなど、オシャレなお店ほど私にとっては余計なひと手間が。
特に柑橘系の匂いは本当に嫌いで主人がオレンジジュースを飲んだ時には歯磨きするまで近寄らないで!と、言っています。果物の汁が手についたりするのももちろん嫌です。小さいころはなんでも食べていた記憶がうっすらあるのですが…いったいいつからこんなに果物嫌いになってしまったのか私にもわかりません。ただ、私の弟には果物のアレルギーがあり、果物を食べると口の周りや手が真っ赤に荒れてしまいます。
そんな弟を心配する母を見て自分にも構ってほしさに果物を食べなくなっていった結果、どんどん嫌いになってしまったのではないかと考えています。思い込みから始まってしまったであろう果物嫌い…私はいったいどこからビタミンCを摂っているのかと家族に心配される今日このごろです。
なんばで男性の脱毛をするならここがおすすめ

SMAPが解散。
まだ信じられません。

特別に大ファンだったわけでもないですが、見ているTV、聞いている音楽の中に当たり前のようにSMAPがいました。
その当たり前がなくなるのは、すごく、ものすごく寂しい。

最近のスマスマは見ていても辛くなる場面が多かったから、昔見たいに本当に楽しそうにコントをやってる5人がもう1度見たい。
笑って歌ってる5人の姿をもう1度見たいです。

今までどんな事も自分たちの言葉で伝えてくれたSMAPが何も言わない、言えないままで12月31日を迎えるのは本当に悲しすぎます。

最後に一言だけでもいいから、生の声を聞きたかったな。
できるのなら、わだかまりのないSMAPをもう1度みたいです。

ゴロゴロしている時とかこたつでぬくぬくしている時って、物を取りに行くのがどうしても億劫になるんですよね。
そういう時いつも、某少年漫画の主人公みたいに腕が伸びるようになったらいいのになぁ、って思います。
その場から移動せずに遠くの物を取れるなんて、本当に便利な能力ですよね。
めんどくさがり屋の私からしたら、最高に魅力的に感じます。
それに高い所にも手が届くので、物を取るのも電気の交換もわざわざ踏み台を用意する必要が無く、簡単に出来ちゃうんですよね。
考えれば考えるほど日常生活にもってこいの能力だなぁ、と思います。
なので、本当に使えるようになったらめちゃくちゃ嬉しいです。

私は海が大好きです。とてつもなく壮大で広く深く、まだ解明されていない生物が多数存在するであろう神秘の場。そこに棲む海の生物の造形はとても美しく特に巨大な生物は見ていて本当に大人になった今でさえ心の底からワクワクします。
クジラ、シャチ、サメ、イルカ、マンタ、ジュゴン、ダイオウイカなど一度見たら脳に焼きついて離れないような存在感のあるものばかり。私の生きている間で海というもの、海の生物の生態全てを解明することは不可能でしょうが、もしも、私の体が海中でも呼吸いらずでどんなに深い深海でも水圧に耐えれる体ならば、私にとってこれ以上の幸せはないでしょう。もしもその願いが叶うのであれば、私は地球上で一番深い深海に潜ってみたい。想像を超えるような景色、生物、生物の起源である海の神秘が待ってると思うと今夜も想像と夢が膨らみ眠れない。

今年は、病気をしたり、ケガをしたりと、あまりよくない1年だったので、来年に向けて年末ジャンボを買いました。
悪いことだらけだった1年の締めくくりに、来年はハッピーな1年でありますようにと祈りを込めながら購入しました。
買ったのは1枚。当たるはずがないと思われるかもしれないが、そこはわたしのポリシー。この一枚に賭ける思いが、今年の不運と来年への期待にかける1枚に繋がると私は思った。
当たったら、まずはマイホームを買って、車を新調して、あとは両親へのお小遣いと老後の貯金に回そうか。考えだしたらとても楽しくて、今年の不運も忘れてしまいそうになるから、当たらなくてもそれだけでハッピーな気分になれる。宝くじって、そういうことも含めて、幸せを与えてくれるものだ。

飲み会での幹事を初めて任された。
総勢15名ほど。
部署的に静かな雰囲気で、自己主張の薄い人が多い。
初めて親睦を深めてみようと試みた飲み会でした。
新人で一番若いので「君、幹事でお願いね」と言われ承諾。
人並みにリサーチして意見聞いて、無理ない範囲の飲み会スタート。

「これで全員そろいましたね?」「シーン」
「飲み物注文何にいたしますか〜?」「・・・(間)。ビール」
「乾〜杯」「・・・乾杯」
「そろそろお時間ですね、二次会いかがですか?」「・・・どっちでも?」

会話会話の間が!間が気になる!なぜ黙るの?なぜいったん目をそらすの?
15人いるのに「・・・」って、シャイ過ぎるでしょう。
人任せの集団飲み会。
初心者幹事、ほんとに心折れる出来事。
夏にむけて全身脱毛

宝くじが当たったら、まずほとんどの金額をソーラーパネル事業に投資し、不労収入を得る準備をする。さらに株を買って、株主優待で生活できるように準備する。さらに余ったお金で高級車を1台買って、遊び車を2台買う。高級車は通勤やデートに使用する。
遊び車は改造したり、塗装したりする。内装もいじって海や山で遊んで汚してもいいようにする。残ったお金で少しばかりの贅沢として美味しい有名なブランド牛肉のステーキを飽きるまで食べ、ビールをしこたま飲み、友達とドンチャン騒ぎをしたい。家族にはお年玉を10万円ずつプレゼントしたい。

単純なフリーフォールではなく、さらに機械を使用せず、自由自在に空を飛びたい。とても早い速度で飛べて渋滞しらず。他の移動手段と違ってお金もかからない。自由にいろんなところへいき好きに生きる。鳥と一緒に島から島へ。国から国へ移動し、楽しく自由な移動をする。

世界中の素敵な絶景、遺跡、世界遺産等を端から端まで見ていきたい。もちろん入場料がかかるようなところはちゃんと払います。そしてできれば強靭な肉体も欲しい。打撃や寒さ熱さ、空気の濃淡、圧力等から身を守れるだけの肉体と強さが欲しい。無駄にヒーローのように。

年末ジャンボ宝くじが大当たりし、家を購入したい。
庭を掘ったら温泉がわきだしたら嬉しい。
目が覚めたら、小学生にタイムスリップして、飛び級で大学に入ってみたい。
仕事に行ったら、上司から誉められて金一封貰えたら嬉しい。
孫悟空のように筋斗雲に乗って、世界中を旅行してみたい。
六本木ヒルズに住んで、有名人たちと友達になりたい。
ものすごく美味しいケーキが発売されて、更に食べてもダイエット効果があったら嬉しい。
新幹線でハワイまで行けるようになったら嬉しい。
ガンダムみたいなロボットが実際に発明されて、操縦してみたい。
子供が大きくなったら、木村卓也のようなイケメンになってモテモテになる。